DBD-PgPP.ja

Section: User Contributed Perl Documentation (3)
Updated: 2004-05-09
Index Return to Main Contents
 

NAME

DBD::PgPP - Perlだけで記述したDBI用PostgreSQLドライバ  

SYNOPSIS

  use DBI;

  my $dbh = DBI->connect('dbi:PgPP:dbname=$dbname', '', ''');

  # 詳しくはDBIモジュールのドキュメントを参照してください

 

DESCRIPTION

DBD::PgPPはPerlだけで記述したPostgreSQLデータベース用のクライアントイ ンターフェイスです。このモジュールはPostgreSQLのサーバとクライアントが 交わすネットワークプロトコルを実装しているので、libpq など他の PostgreSQLクライアントライブラリを必要としません。つまりこのモジュール はPostgreSQLが移植されていないOSから、PostgreSQLと通信できるのです。  

MODULE DOCUMENTATION

このドキュメントはDBD::PgPPに特化した部分や制限について説明するもので、 すべてを網羅するリファレンスではありません。このドキュメントを読む前に まずDBIモジュールのマニュアルを読んでください。  

THE DBI CLASS

 

DBI Class Methods

connect
データベースに接続するための最低限のパラメータは次のとおりです:

  $dbh = DBI->connect('dbi:PgPP:dbname=$dbname', '', '');

このパラメータはユーザ認証を必要としないlocalhostの$dbnameデータベース に接続します。これはPostgreSQLのデフォルトの設定で利用できます。

connect()に関するパラメータは次のとおりです:

  $dbh = DBI->connect(
      "dbi:PgPP:dbname=$dbname",
      $username, $password
  );

  $dbh = DBI->connect(
      "dbi:PgPP:dbname=$dbname;host=$host;port=$port",
      $username, $password
  );

  $dbh = DBI->connect(
      "dbi:PgPP:dbname=$dbname;path=$path;port=$port",
      $username, $password
  );

      パラメータ | デフォルト値
      -----------+-------------------
      dbname     | current userid
      host       | localhost
      port       | 5432
      path       | /tmp
      debug      | undef

hostパラメータを使用する場合は、対象となるホストの postmaster"-i"オプション(TCP/IPソケット)で起動しておく必要があります。

ユーザ名とパスワードを使用する認証は、サーバ側のpg_hba.confで適切な 設定を行う必要があります。認証方法についてはpg_hba.confpg_passwd のマニュアルページを参照してください。

 

SUPPORT OPERATING SYSTEM

このモジュールは次のOSでテストが完了しています。
* Mac OS 9
with MacPerl5.6.1r1 built for PowerPC
* Mac OS X
with perl v5.6.0 built for darwin
* Windows2000
with ActivePerl5.6.1 build631.
* FreeBSD 4.6
with perl v5.6.1 built for i386-freebsd
* FreeBSD 3.4
with perl v5.6.1 built for i386-freebsd

with perl v5.005_03 built for i386-freebsd

* Linux
with perl v5.005_03 built for ppc-linux
* Solaris 2.6 (SPARC)
with perl5.6.1 built for sun4-solaris.

with perl5.004_04 built for sun4-solaris.

Solaris2.6上のperl5.004_04は make testで失敗しますが使用することが できます。

 

LIMITATION

* 一部のFreeBSDでは'crypt'認証は使用できません。
* 'Kerberos v4/5'認証は使用できません。
* SSL接続は使用できません。
* BLOBデータを扱うことはできません。
 

DEPENDENCIES

このモジュールは次のモジュールを必要とします:

  L<DBI>, L<IO::Socket>

 

TODO

* Pure perlのDESベースのcrypt関数を追加する
* Authen::Krb4 & Authen::Krb5を使用してKerberos v4/5認証をサポートする
* IO::Socket::SSL(またはNet::SSLeay)を使用してSSL接続をサポートする
* BLOBデータををサポートする
 

SEE ALSO

DBI, <http://developer.postgresql.org/docs/postgres/protocol.html>  

AUTHOR

Hiroyuki OYAMA <oyama@module.jp>  

COPYRIGHT AND LICENCE

Copyright (C) 2004 Hiroyuki OYAMA. Japan. All rights reserved.

This library is free software; you can redistribute it and/or modify it under the same terms as Perl itself.


 

Index

NAME
SYNOPSIS
DESCRIPTION
MODULE DOCUMENTATION
THE DBI CLASS
DBI Class Methods
SUPPORT OPERATING SYSTEM
LIMITATION
DEPENDENCIES
TODO
SEE ALSO
AUTHOR
COPYRIGHT AND LICENCE

linux.jgfs.net manual pages